投資初心者でもできるつみたてNISA!

投資

銀行の預金だけでは金利が低すぎて資産を増やすのはむずかしいですよね。老後も見据えて投資をされる方も多いのではないでしょうか。

一口に投資と言っても不動産投資、先物、金、債券、株など色々ありますが今回は初心者でも安心して始められるつみたてNISAについてお話しします。

若者
若者

つみたてNISA・・・聞いたことはあるけど。

サラリーマン
サラリーマン

わかりやすく解説するね。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは従来からあるNISA(少額投資非課税制度)の積み立て型です。

これだけではなんのことかわかりませんよね。

簡単にいうと投資で得られる売却益・分配金に対して通常は約20%の税金がかかりますがNISA口座では一定期間非課税になるという制度のこと。

金融庁によると経済成長に必要な成長資金の供給を促すとともに、人生100年時代にふさわしい家計の安定的な資産形成を支援していく観点からNISA制度について、少額からの積立・分散投資を促進する制度ということになります。

つみたてNISAの仕組み

1人1口座に限って持つことができ毎年40万円の非課税枠が与えられ最長20年間運用することができます。

少額で始められることや長期にわたる分散投資によるリスクヘッジができるので初心者にも向いている点だと思います。

運用できる商品は投資信託(ファンド)やETFから選ぶことになります。

若者
若者

ファンド?ETF?また新しい言葉がでてきたよ

サラリーマン
サラリーマン

ファンドっていうのは投資家から集めたお金を投資のプロが代わりに運用してくれるんだ。

サラリーマン
サラリーマン

ETFは上場投資信託のことなんだけど、1日1回の取引である投資信託と違って株と同じようにリアルタイムに取引できるものなんだ。

つみたてNISAのメリット・デメリット

【メリット】

・売却益・分配金が非課税

・金融庁が定めた基準をクリアした商品しか買うことができないのでボッタクリ商品が最初から除外されている

・資産運用のプロが運用方針に従って分散して運用してくれるのでリスクを抑えられる

・個人で購入するのと違い投資家から預かったお金で運用するので投資するのにまとまったお金がなくても少額で始められる

【デメリット】

・最長で20年までしか運用できない

・投資に絶対はないので暴落や元本割れのリスクは0ではない(但し過去のデータから10年以上の長期運用では必ずプラスになっている)

・他の課税口座との損益通算ができない(つみたてNISA口座では税金がかからない代わりに損失もないものとされる)

向いている人・いない人

【向いている人】

・生活余剰金を投資に回せる方

・老後の資金つくりのために長期で運用する目的で保有できる方

【向いていない人】

・生活資金に余裕がなく、生活に苦しくなりすぐに引き出す可能性がある人は向いていません。

・投資成績に一喜一憂し下がったときに不安になり売ってしまう方

過去のデータから長期保有すればするほど収支は安定するというデータがありますので、1年2年の短期間で暴落したとしても10年以上の運用では100%プラスになっています。過去は過去、未来は誰にもわかりませんが少なくとも長期保有でのリスクは低いといえるでしょう

つみたてNISAを始めるには

証券口座を開設する必要があります。ネットで簡単に申し込みできます。

ネット証券によって取り扱い商品の数も違うのでこれから始める方にはどれを選んだらいいかわからないと思います、そんな時は新規口座開設者の多い証券会社を選べばOKです。

SBI証券、楽天証券、SMBC日興証券、マネックス証券は取り扱い本数も多いので買いたいファンドに困ることはないでしょう。

楽天証券のようにポイント投資や楽天カードで決済ができるものもあります。

【口座開設手順】

ネット証券会社のページにアクセスし、口座開設の項目を選択し表示された画面に必要事項を入力するだけです。

証券口座の開設にはマイナンバーが必要になります。マイナンバー通知カードしかない方は併せて顔写真付きの本人確認書類が必要になりますので用意しておきましょう。

あとは証券口座からの開設が完了した通知が送られてくるのを待つだけです。

いくらから始めたらいい?

いざ口座を作り購入するとなったら、いつ、いくら買ったらいいか迷います。

できるだけ安いときにたくさん買いたい、高いときに買いたくないと思いますよね?

相場を完全に読むことは誰にもできないので一気に資産を投入するのではなく毎月一定額を分散投資することが大事です。

ドルコスト平均法という購入手法なのですが、毎月決めた額を購入することによって高値の時は購入数は少なくなり安値の時にはたくさん買えることになります。

ドルコスト平均法を続けることで高値掴みのリスクを減らし、長い目で見ると平均的な価格で購入をできるというメリットがあります。

なので購入時期は考えず、すぐに始めて大丈夫です!

まとめ

・つみたてNISAはまとまった資金がなくても始めることができる

・年間最大40万円の非課税枠で最長20年の運用ができる

・長期保有に向いている

・実際の運用はプロがやってくれる

・購入は毎月一定額のドルコスト平均法で安定した購入がベター

いかがでしたか、初心者でも始められそうですよね?

始めてみるとファンドごとの特徴や運用している商品の割合を見るのも楽しくなってきますよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました